音楽専門学校について

専門学校とは、一部を除き主に高等教育を修了した者を対象に、就職や生活に関する技能、知識などを養成する事を目指した教育施設である。一般の大学、若しくは短期大学とは異なり、より実用的な教育を受けることができ、就労を考える者に人気がある。その中で音楽専門学校とは、音楽に特化した専門学校である。音楽大学と異なるのは、専門課程を設置している点にある。
音楽専門学校には、歌手をはじめとしたミュージシャン、芸能人、楽器職人などを目指す者が集う傾向にある。それぞれのニーズに対応するため、実際に音楽的な教育を施す学科から、楽器の製造・修理などを研究する学科、音楽をもとに様々な企画を考案する学科などもある。(その呼称は各専門学校によって異なる。)年次は2年から3年が主流である。
入学には一般の大学の入学試験と同様に、AO入試、推薦入試、一般入試など、様々な形態がある。よって、受験料や願書の提出なども一般の大学と同様に存在する。なかには留学生を募集している学校もある。より専門的な教育に特化しているため、一般大学の多くの学部より、学費は高めであるといえる。これらは入学者に対してきちんとした教育を施すという責任感と自負の現れであるといえよう。奨学金の制度や、学生寮・アルバイトの紹介などを始めとする生活相談、卒業後の進路相談に力を入れている学校が多く、その真摯な教育理念が伺える。
一般的な大学、および音楽大学とは異なり、卒業することによって学位は授与されないが、音楽専門学校は芸能界、各音楽界の第一線で活躍する多くの卒業生を輩出している。特に歌手などのミュージシャンの出身を見ると、その貢献度は看過できない。近年では声優の輩出数も多いといえる。また、一般の音楽大学では対応できない、若しくは遅れている幅広い音楽の分野における教育を実践しており(たとえばポップミュージックに代表される音楽ジャンルなど)、入学者の様々な音楽に対する熱意を受け止めている部分に大きな価値があるといえる。
現在、日本では一般的な音楽大学よりもその創設数は少ないが、志願者は増加の一途にある。多くは東京や大阪などの大都市近辺にある。通信教育などにも尽力しているものの、日本全国にいる音楽に対して興味や関心を持つ者を教育するため、より多くの学校が、各地に設置されることが望まれる。音楽に関わることには幅広く対応した教育が施され、今後、更なる分野においてその活躍が期待される。

備えあれば憂いなしの音楽専門学校 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.